30代 女性 シャンプー

30代の女性が抱えやすい髪の悩み

 

髪は女の命。冗談でもなんでもなくこう思われる女性は少なくないと思います

 

顔に一番近く、女性の全体像として髪は顔の次に印象に残りやすいから、チリチリだったり、不清潔だったりすると相手の第一印象が顔よりもそんなマイナスイメージの髪が残ってしまいます

 

30代を迎えた女性にとって髪は一番悩み深くなる場所でもあります

 

最初にお伝えしておくと、肌に比べると髪の悩みはまだ老化の割合は少ないんです

 

20代のときに抑えられていたダメージがちょっとずつ抑えきれなくなり、髪にとってプラスではなくマイナスに進んでしまった結果、数々の悩みを抱えてしまうんですね

 

内から外からどんどん髪に与えられるダメージが積み重なり、目立つ形で表に出てくるのが30代を越えてからなんです

 

一番怖いのが意識の差。20代のときに大丈夫だった経験をそのまま持ち込むと、より悩みを深めていく、なんてことも多々あります

 

なんで今まで大丈夫だったのに>余計にストレスを感じる>内外に悪影響を及ぼす>最初に戻る

 

無限ループです。考えすぎる人は老けやすくなると言われても、嘘だと言い切れなくなりますね・・・

 

抱えやすい髪の悩みはたくさんあります。解決する方法を今すぐに求めるのは無理です

 

あなたが生きている30年の積み重ねにより起きる悩みが、一ヶ月で治るなんてないですからね!

 

まずは知りましょう。あなたが気になった悩みだけでもいいです。知らないままだと何も始まりません

 

改善しようとするかはまた別なお話として、知っておくと意識できるので全然違ってきます

 

30代の女性が抱えやすい髪の悩みその1 抜け毛

 

女性ホルモンに守られている女性の髪ですが、20代よりも分泌量が減りストレスを抱えやすい環境になりやすくなると、抜け毛がどんどん増えていきます

 

女性よりも男性の方が抜け毛は多いのは女性ホルモンに守られているおかげ

 

この女性ホルモン不足が中心になり、髪を頭皮に保つことができない原因がずらずらと並びます

 

ストレスや食事の乱れ、生活習慣の乱れ、カラーやパーマの当てすぎ、あとはシャンプー

 

生活の中で抜け毛が増える原因は体の内外、過ごしている環境などにも左右されてしまい、40代を待たずに抜け毛で悩む女性は数多くおられます

 

今の社会どこにいてもストレスは溜まりやすいですし、食事も便利になった変わりに栄養に無頓着な人も増え、多種多様な働き場は睡眠時間など生活の乱れにも繋がりました

 

昔のようにみんながみんな、朝起きて昼働き夜に寝る生活を送れているわけじゃありません

 

最後にシャンプーです。市販で売られているシャンプーは乾燥させやすく頭皮を保てない環境を作りやすいです

 

例えるなら、乾燥して荒れた畑から作物(育てようとするもの。そんな環境から作物が取れるはずありません

 

畑は頭皮、作物は髪とすると分かりやすいと思います

 

厄介なのはここにストレスを加えると、更に頭皮をガチガチに固めてしまい余計に髪が保てなくなること

 

たくさんある原因が重なると余計に抜け毛を増やします

 

ホントはもっと遅いんですよ!抜け毛が増えるのは。ごっそりの髪を排水口で見るのはイヤですよね・・・

 

一般的に広まっているシャンプーは使うと少しずつダメージを負います

 

これだけの原因があれば、40代を超えるどころか30代に入ってすぐに抜け毛が増えることもわかると思います

 

30代の女性が抱えやすい髪の悩みその2 白髪

 

白髪は見た目の若さを奪っていく、女性からするとまさに天敵

 

本来なら白髪は、30代ではなく40代を過ぎて女性ホルモンの分泌が激減してから増えていきます

 

白髪は染めればいいのでは?と思ったあなた!30代で白髪染めは正直早すぎます

 

白髪染めに慣れて、改善しようとしなくなる意識レベルの低下、白髪染めそのものが与えてしまう頭皮へのダメージ

 

この2つを考えると、30代とまだまだ若い年齢で白髪染めを使うのはやめておいたほうがいいです

 

ですが、染めたくなるのも仕方なくなるくらい今の世の中には白髪が増える原因がそこかしこに潜んでいます

 

ストレス、食生活の乱れ、生活習慣の乱れなどは抜け毛と共通

 

紫外線も昔より強まっていてよりを際立たせる原因として動きます

 

何もかも同じとはいきません。老化からちょっとずつ徐々に積み重なる原因。対処する方法を知らないと止まりません